モウリーニョ:充実した1週間

モウリーニョ:充実した1週間

投稿 : 2015年8月15日 土曜日 19:25
 

マンチェスター・シティ戦前の記者会見でモウリーニョはプレシーズンの過ごし方について自身の見解を述べた。

 

今年はコパアメリカ、その前の年にはワールドカップが開催された。指揮官は各シーズンの国際大会の状況を見極めてプレシーズンの過ごし方を判断しているようだ。

 

今回はモントリオールでプレシーズンキャンプを行ったチェルシーは、昨年に比べて短い期間での調整となった。

 

「選手たち休暇を与えることにしたんだ」とモウリーニョは話す。「今シーズンと昨シーズンは別物だからね」

 

「昨シーズンは動き出すのがもう少し早かったし、期間も長かった。親善試合もたくさんしたしね。結果的には良いスタートが切れたが、シーズン後半は疲れも垣間見られた」

 

「チームは疲労していたが、プレミアリーグのトップを走り続けた。このリーグではあり得ないことだよ」

 

「今シーズンは異なるアプローチを選択したんだ」

 

「スタートを遅らせて、かつ期間も短くした。やるべきことは明確だったからね」

 

現在チームはコブハムでトレーニングを行っているが、モウリーニョはその内容に満足感を示した。

 

「今シーズンは充実していたよ。試合も移動もなかったから月曜日から土曜日までしっかりとトレーニングに集中することができた」

 

3週目もプレミアリーグは今回と同じスケジュールとなる。

 

「もちろん最高のプレーを目指すが、普通は1週間かけてチームを改善していくからね」

 

モウリーニョは今シーズン既に公式戦を2試合こなしているが、その振る舞いには余裕すら感じられる。

 

「アーセナル戦は悪くなかったが望んだ結果にはならなかった。スウォンジー戦の前半も同じ。本来のクオリティを取り戻したように見えたね」

 

スウォンジー戦の後半の選手たちは素晴らしかった。10人で戦うというトラブルに見舞われたのにも関わらず最後まで戦い続けていたね」

 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ