マッチプレビュー:WBA v チェルシー Part2

マッチプレビュー:WBA v チェルシー Part2

投稿 : 2015年8月22日 土曜日 18:17
 

昨日に引き続きWBAと対戦するプレミアリーグ第3節の見どころをクラブのスペシャリストの2人が語ってくれた…

 

対戦の歴史

直近の対戦は昨シーズン終盤。チェルシーが優勝を決めた後の顔合わせだった。

 

そして今回は2011年4月の対戦を振り返っていこう。

 

ロイ・ホジソン率いるWBAはカルロ・アンチェロッティが指揮するブルーズとの相性が悪く、連敗続き。プレミアリーグで11戦全敗という不名誉な記録を残していた。

 

先にゴールネットを揺らしたのはホームのWBA。17分にピーター・オデムウィンギーがペトル・チェフの守るゴールに先制弾を叩き込んだ。

 

しかしその5分後、クロスボールに反応したディディエ・ドログバが同点のネットを揺らすと、立て続けにサロモン・カルーがドログバのシュートのこぼれ球を押し込んでチェルシーが逆転に成功。

 

そしてハーフタイムになろうかという時間帯にフランク・ランパードが鮮やかな追加点をマークした。

 

試合はこのまま3-1で終了。その模様は以下のハイライトでご覧ください。

Play

Highlights: West Brom (A) 2010/11

PMB - WBA_a4

 

 

PMB - WBA_a2

昨シーズンの対戦

バークレイズプレミアリーグ - 2014年11月22日

チェルシー 2-0 WBA

ディエゴ・コスタ11

アザール25

 

観客:41,600

 

対戦成績 - 公式戦

試合数 133

チェルシー勝利 55

WBA勝利 43

引き分け 35

 

対戦成績 - ホーソンズでのリーグ戦

試合数 59

チェルシー勝利 21

WBA勝利 24

引き分け 14

 

最大得点差 - ホーソンズでのリーグ戦

WBA 4-0 チェルシー 1920年5月1日、1931年12月12日、1962年4月14日、1972年4月27日

WBA 1-4 チェルシー 2004年10月30日

タクティカルブリーフ

モウリーニョはこれまで4-2-3-1のシステムを採用してきたが、チームの状態を考慮して新たなオプションを試す可能性があること示唆している。

 

今週、チェルシーは新たなディフェンダーを迎え入れた。前節でダヴィド・シルヴァへの対応に苦しんでいたように見えたサイドバック。このポジションを主戦場とするババ・ラーマンという若き才能がクラブに加わった。

 

アスピリクエタが優れた選手であることは疑いようもない事実だが、チーム内で競争が起きることはクラブにとってポジティブなことになるだろう。

 

トニー・ピューリスの基本システムは4-5-1、攻撃的に出る時は4-3-3を採用することも。

 

マンチェスター・シティとのリーグ初戦ではリッキー・ランバートとサイド・ベラヒノを前線に配置するも敗戦。続くワトフォード戦でも1ポイントを分け合う結果となった。

 

昨シーズン20ゴールをマークしたベラヒノは、ここまでの2試合での存在感を発揮。

 

その相方となるランバートもマンチェスター・シティ戦ではエリアカン・マンガラに多くのトラブルを引き起こしていた。

 

ベネズエラ人選手のサロモン・ロンドン(下写真)のパワーも相手チームの脅威になる。今シーズンからWBAにやってきた彼はワトフォード戦の後半にデビューを飾っている。

 

Salomon Rondon-23823654

中盤の底はクラウディオ・ヤコブとダレン・フレッチャー。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーした彼はキャプテンとしてチームを牽引する。

 

ディフェンスの注目選手はクリス・ブラント、新加入のジョリオン・レスコットだろう。

 

ワン・オン・ワン

Player Comparison

Select players to compare
  • Barclays Premier League 2015/2016
  • Barclays Premier League 2015/2016
Nemanja Matic Darren Fletcher
MF Position MF
2 Games played 2
180 Minutes Played 180
2 Starts 2
0 Substitution On 0
0 Substitution Off 0
  • General

    Nemanja Matic Darren Fletcher
    104 Passes 79
    85.6% Passing Accuracy 77.2%
    84.8% Passing Accuracy opp. Half (%) 69.1%
    16 Duels Won 7
    15 Duels lost 10
    51.6% Duels won (%) 41.2%
    3 Aerial duels won 3
    5 Aerial duels lost 3
    37.5% Aerial Duels Won (%) 50%
    24 Recoveries 12
  • Defence & Discipline

    Nemanja Matic Darren Fletcher
    4 Tackles Won 2
    2 Tackles Lost 1
    66.7% Tackles Won (%) 66.7%
    3 Clearances 2
    0 Blocks 1
    4 Interceptions 4
    0 Penalties conceded 0
    1 Fouls Won 0
    5 Fouls Conceded 4
    0 Yellow Cards 1
    0 Red Cards 0
  • Attack

    Nemanja Matic Darren Fletcher
    0 Goals 0
    0 Penalty Goals 0
    - Minutes Per Goal -
    0 Total Shots on target 0
    1 Total Shots off target 0
    - Shooting Accuracy (%) -
    0 Successful crosses 0
    3 Unsuccessful Crosses 2
    - Successful Crosses (%) -
    0 Assists 0
    0 Chances Created 1
    0 Penalties won 0
    0 Offsides 0

チームニュース

WBAのキーパー、ベン・フォスタは十字靭帯の怪我により10月まで戦線離脱中のため、ゴールマウスの前にはボアス・マイヒルが配置されることになるだろう。

 

開幕戦で退場処分を受けたティボー・クルトワは1試合の出場停止を消化したため、次節では先発の可能性が高い。正ゴールキーパーの留守を守ったアスミル・ベゴヴィッチのパフォーマンスを評価する声も多く、どちらの選手がピッチに立ってもチェルシーのゴール前は安心していい。

 

味方同士の接触で鼻を負傷したギャリー・ケイヒルは、試合に出場する場合はマスクを着用する模様。

 

ヴィクター・モーゼスとオスカーは負傷のために欠場するとみられている。

 

新加入のババ・ラーマンとペドロはチームのトレーニングに参加しているようだが、合流後まだ日が浅いため出場の可能性は低いだろう。

 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ