データデイ:WBA v チェルシー

データデイ:WBA v チェルシー

投稿 : 2015年8月25日 火曜日 05:39
 

WBA戦をデータで振り返っていこう...

 

ブルーズのボールポゼッション率は56.4%、地域支配率は52.1%だった。

 

シュート数は両チームともに15本。ディエゴ・コスタはこの試合最多となる4本のシュートを放った。

 

ペドロは33本中29本のパスを成功し3本のシュートを放った。

 

チェルシーの総パス本数は398本で相手よりも100本以上多い数字をマーク。このうちアタッキングサードでは121本のパスを成功させた。

wba_stat_pic

アスピリクエタのゴールは24本のパスを繋いで生まれたゴールだった(上画像)。

 

最もパス交換をおこなったコンビは19本のエデン・アザールとセスク・ファブレガス。アタッキングサードではほとんどのパスを成功させている。

 

さらにアザールはチャンスメイクを5度、1対1を制し、いずれもこの試合トップの数字を残した。

 

マティッチはボール奪取(13)、インターセプト(5)でトップの数字をマークした。

 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ