• スタティスティックス
  • 詳細

ネマニャ・マティッチ

チェルシー・フットボールクラブは15日、ベンフィカからセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(25)を完全移籍で獲得したことを発表する。

クラブと5年半の契約にサインした25歳は、今回の移籍について以下のように語っている。
「僕はこのクラブに戻るチャンスを得られたことをとてもうれしく思っているよ。今はとても心地よい気分だ。チェルシーファンを幸せにするため、チームを助けるために全力を尽くすことを誓うよ」

また、ジョゼ・モウリーニョはマティッチの獲得について「ネマニャがチェルシーに戻ってくることができたことを非常に喜んでいる。彼はポルトガルの地でプレーヤーとして成長を遂げて、素晴らしいオールラウンド・プレーヤーとなった。私は彼がチームで重要なメンバーとなって、我々の野心を成し遂げるため、チームを助けてくれると確信している」

背番号21を着けてプレーすることになるマティッチは、これからチェルシーで2度目の期間をスタンフォード・ブリッジで過ごすことになる。なお、彼は2009年にMSKコシツェから初めてブルーズの一員となっていた。

2009-10シーズンにトップチームで公式戦3試合に出場したマティッチだったが、2011年1月にダビド・ルイスの移籍交渉の一部としてベンフィカへと旅立った。

マティッチがチェルシーのトップチームデビューを飾ったのは、2009年11月の4-0で勝利したリーグ戦のウォルバーハンプトン戦だった。また、彼は同シーズンに8-0で大勝したウィガン戦でも重要な役割を担い、チームのリーグタイトル獲得を見守った。

2010年8月には、トップディビジョンでより多くの経験を積むため、フィテッセにレンタル移籍を果たした。だが、そのシーズンの途中にベンフィカへの移籍が決定したため、シーズンの残りはポルトガルの地で過ごすこととなった。

194cmの長身を誇るセルビア代表MFは2011-12シーズンのギマラエス戦でベンフィカデビューを飾ると、その後も定期的に出場機会を得た。冷静さと高いパス精度を誇るマティッチは、ベンフィカのポゼッションサッカーで存在感を発揮。2012年1月のヴィットーリア・セツバル戦では初ゴールを記録した。また、同年にはチェルシーとの準々決勝を含めチャンピオンズリーグの舞台でも価値ある経験を得た。このシーズンの活躍で自身の居場所を確立したマティッチは、迎えた2012-13シーズンに更なる成長を遂げる。

ハビ・ガルシアのマンチェスター・シティ移籍を受けて、マティッチはベンフィカの中盤で一際眩しい輝きを放った。このシーズン、リーグ月間最優秀選手賞を3度獲得した事実こそ、彼のパフォーマンスの素晴らしさを計る指針となったことだろう。

また、彼はゴールスコアラーとしての才能も開花させた。そして、ポルト戦(2-2のドロー)で決めた圧巻のボレーシュートは、2013年のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)の2位に選ばれた。さらに、彼はヨーロッパリーグ・ベスト32のレバークーゼン戦の2ndレグでも重要なゴールを決め、チームのベスト16入りに大きく貢献した。

マティッチはこのヨーロッパリーグで1試合を除くすべての試合に出場し、チームもチェルシーの待つ決勝進出を果たした。だが、ベンフィカはアムステルダムの地でチェルシーに敗れ、惜しくも優勝はならなかった。

ベンフィカはリーグ戦でもライバルのポルトに及ばず2位でシーズンを終えた。しかし、彼自身はリーグ年間最優秀選手賞に輝き、忘れられない充実したシーズンとなった。

今シーズンもベンフィカの中心選手として活躍したマティッチは、ポルトガルリーグの前半戦で印象的な活躍を披露。そして、先週行われたポルト戦でチームを2-0の勝利に導いたのを最後にベンフィカでのキャリアを終えた。

また、マティッチはU-21セルビア代表を経てセルビアのフル代表で通算9キャップを記録。最も最近の出場は2013年10月のブラジル・ワールドカップ欧州予選だった。

スタティスティックス情報

キャリア情報

 
 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ