• スタティスティックス
  • 詳細

ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ

 

チェルシー歴

ブラニスラヴのチェルシーの選手としてのキャリアはスローなスタートとなった。2008年1月に入団したものの、コンディション不足のため試合に出られず、8カ月後のカーリングカップ・ポーツマス戦(アウェー)でチェルシーデビューを飾った。デビューは遅れたが、リカルド・カルヴァーリョ、アレックスが負傷離脱した以降は、ジョン・テリーとともにディフェンスの要としてレギュラーに定着した。

ロンドンでの生活に慣れ、英語も上達するにつれ、ブラニスラヴは本領を発揮し始めた。2009年4月のアンフィールドでのチャンピオンズリーグ戦では2得点を記録し、チェルシーサポーターからのカルト的人気を集めた。

ブラニスラヴはその後も出場し続け、カンプノウではティエリ・アンリのマーカーを務めた。初めはこのフランス人選手の速さにてこずったものの、何度もの重要なブロック、インターセプト、クリアを見せた。

初シーズンは26試合出場に終わったが、翌シーズンはチームに欠かせない存在となった。

ブラニスラヴは10月に膝の怪我で長期離脱したジョゼ・ボシングワに代わって右SBで2009-10シーズンをスタートさせた。それ以降は確かな守備力でレギュラーに定着し、41試合に出場し、クラブの年間最優秀選手賞の有力候補となった。最終的にはドログバに賞は譲ったものの、このコートジボワール人選手とともにPFAプレミアリーグベストイレブンに選ばれた。

ゴールを記録したのは10月末のボルトン戦の1点のみだが、全大会で7試合連続無失点に抑え、攻撃にも積極的に参加し始めた。

チャンピオンズリーグ、サンシーロでのアウェー戦で、ブラニスラヴはインテルに先制点を許すミスをしたが、サロモン・カルーの同点弾のお膳立てを先のミスを帳消しにした。

プレミアリーグのタイトル争いが厳しさを増す中、ブラニスラヴは3月のブラックバーン戦でふくらはぎを負傷し、約1カ月間欠場を余儀なくされた。復帰後、リヴァプール戦でニコラス・アネルカのアシストをし、貴重な勝利に貢献した。タイトル獲得後のウィガン戦で60分に途中出場した際には大喝采で迎えられた。

2010-11シーズン、最終ラインをほぼ全試合で守り、好調さをキープしたブラニスラヴは、2月初めに新たに2016年までの5年半の契約をチェルシーと結んだ。

 

このセルビア人選手は10月のブラックバーン戦での終盤の決勝点、チャンピオンズリーグ・グループステージのスパルタク・モスクワ戦での2ゴールなど、重要なゴールも決めているが、やはり、常に献身的なプレーで最終ラインを守り続けることでチームに最も貢献している。強力なフィジカルを誇るブラニスラヴは、年間最優秀選手賞で次点となった。

アンドレ・ヴィラス・ボアス新監督はチームにより攻撃的なプランを導入し、ボシングワの出場機会が増えたが、シーズン途中で負傷離脱したため、ブラニスラヴが起用されるようになった。指揮官はブラニスラヴをライトバックにつかせ、11月初めのブラックバーン戦ではアレックスも戻し、1-0の勝利を収めた。

 

怪我に悩まされたもののシーズンの大半、ブラニスラヴはライトバックまたはセンターバックを任された。彼は2009年のチャンピオンズリーグ準々決勝のリヴァプール戦で2ゴールを決めたが、このシーズンも、チャンピオンズリーグ・ナポリ戦の延長戦で決勝点を挙げ、チームの勝利に貢献した。

このセルビア代表選手は3月は得点に恵まれ、4-2で勝利したアストン・ヴィラとのアウェー戦でも2得点を記録した。

チャンピオンズリーグ決勝は累積警告のため欠場したが、ウェンブリーでリヴァプールを2-1で退けたFAカップ決勝では90分間フル出場した。

 

チェルシー以前

ロコモティフ・モスクワから3年半の契約で入団したブラニスラヴは、当時のアブラハム・グラント監督が2008年1月の移籍市場で獲得した2人目の選手となった。

生まれ故郷のスレムでプロとしてのキャリアをスタートさせたブラニスラヴは、その後、セルビアの首都ベオグラードを本拠地とするOFKベオグラードに移籍し、ここで3シーズンを過ごし、2006年夏にロシアのロコモティフに入団した。ロコモティフの選手として、彼はUEFAカップに出場している。
代表歴

セルビアのU-21代表の主将として、2006年、2007年の欧州選手権に出場している。ブラニスラヴはUEFAの大会ベストイレブンに選ばれ、フル代表にも招集された。

2006年6月にセルビア・モンテネグロ代表デビューを果たし、レギュラーに定着した2010年ワールドカップの地区予選ではチームで最長時間をプレーした。チームはドイツに勝利したものの、グループリーグ突破を果たすことはできなかった。

スタティスティックス情報

 

出場回数 得点 イエローカード レッドカード
(途中出場)      
4 (0) 1 2 0

 

キャリア情報

 

シーズン 出場回数 得点 イエローカード レッドカード
  (途中出場)      
2012 - 13 59 (2) 8 6 1
2011 - 12 45 (3) 5 9 0
2010 - 11 48 (2) 6 12 0
2009 - 10 41 (3) 1 7 0
2008 - 09 26 (6) 2 4 0
         
         
         

 

 
 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ