• スタティスティックス
  • 詳細

エデン・アザール

 

チェルシー経歴

エデン・アザールは、2005年より所属したフランスのリールから2012年6月にチェルシーへ移籍した。

アザールはティボ・クルトゥワロメル・ルカク、ケヴィン・デ・ブライネに続いて4人目のベルギー出身選手としてチェルシーに入団した。

 

チェルシー以前

アザールは1991年1月7日にベルギーのラ・ルヴィエールに、プロのサッカー選手であった両親のもとに生まれた。

ユース時代はロイヤル・スタッド・ブライノイス、テュビズで過ごした後、2005年にリールに移った。

 

2年後の2007-08シーズン中にアザールはリールのトップチームに数回途中出場を果たした。翌シーズンはトップチームのレギュラーに定着し、国際的にも注目を集め、わずか17歳で最優秀若手選手賞も受賞した。

2009-10シーズンも好調さをキープしたアザールは、史上初となる2シーズン連続最優秀若手選手賞を受賞し、リーグ・アンベストイレブンにも選ばれた。

2010-11シーズンはアザールのリール時代の最高のシーズンとなった。とはいえ、開幕当初は調子が上がらず2ヶ月間スタメンから外れ、ベルギー代表のジョルジュ・レーケンス監督から公然と批判された。

 

しかし、復調するとアザールは直ちにチームの中心選手として活躍し、リールの国内リーグとカップの2冠達成に貢献し、リーグ・アン年間最優秀選手賞にも輝いた。

アザールはジネディーヌ・ジダンらに称賛されるまでになり、ヨーロッパのビッグクラブからの誘いがかかるのも時間の問題となった。

 

ジョー・コールとチームメートとなったリールでの最終シーズンでアザールは、48試合に出場し、21得点18アシストを決めた。リールはモンペリエ、PSGに次ぐ3位でシーズンを終え、チャンピオンズリーグ・予選リーグの出場権を獲得した。

 

アザールはリールでの最終試合のナンシー戦ではキャプテンのアームバンドを巻き、前半にハットトリックを達成して有終の美を飾った。

 

代表歴

アザールは17歳のとき、2008年11月のルクセンブルグ代表との親善試合で後半に途中出場し、ベルギー代表デビューを果たした。これまでに28キャップを記録している。

スタティスティックス情報

 

出場回数 得点 イエローカード レッドカード
(途中出場)      
1 (0) 0 0 0

 

キャリア情報

 

シーズン 出場回数 得点 イエローカード レッドカード
  (途中出場)      
         
2012 - 13 22 (5) 6 1 0
         
         
         
         
         
         
         
         

 

 
 

最新情報を入手

チェルシーの最新情報を受け取る
最新ニュース&情報、キャンペーン、ビデオを入手しよう - 今すぐ登録。
* Eメール:
* 誕生日:
チェルシーFCによる任意の第3者からのプロモーションも加えて受け取りたい方はチェックを入れて下さい。
* 当サイトの利用規約およびプライバシーポリシーに同意される方は、チェックを入れてください。
チェルシーFC トロフィーキャビネット
  • facebook
  • twitter
  • ブログ